令和2年度 宇都宮記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 35 139 170 382 595 806 1191 1050 470

当院の入院患者さまは、60歳以上を占める割合が全体の72.6%、80歳以上が31.3%と、比較的ご高齢の患者さまが多く占めています。年代別の主な疾患は、40歳以下では消化器系の疾患、外傷などであり、60歳以上では脳疾患や肺炎、狭心症、80歳以上は肺炎、尿路感染症などです。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄症(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎 166 23.38 20.40 12.05 70.72
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 74 25.51 23.36 5.41 71.85
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 60 32.43 25.09 40 81.28
070370xx97xxxx 脊椎骨粗鬆症 55 32.13 22.83 30.91 85.93
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 43 22.14 21.03 2.33 65.88

腰部脊柱管狭窄症に対して手術目的で入院症例が多く、次いで膝関節症の症例が多くなっています。
腰痛、坐骨神経痛、膝痛、O脚、股関節痛、跛行、繰り返すギックリ腰、間欠跛行、腰曲り、膝の変形、治らない水の溜まり、軟骨のすり減りを手術で治療を行い、骨粗鬆症の治療にも力を入れています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満) 61 15.49 15.64 21.31 66.61
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血種以外)(JCS10未満) 51 21.57 18.86 64.71 66.45
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 40 12.25 8.18 20 68.1
010230xx99x00x てんかん 33 8.58 7.48 6.06 64.24
010030xx9900xx 未破裂脳動脈瘤 28 6.89 7.22 0 58.64

当科の特徴として、脳ドックを年間4000例近く行っているために、未破裂動脈瘤の症例も多く、脳卒中ホットラインを設置し、24時間365日、急性期脳卒中を始めとする脳疾患への対応を行って、脳卒中、外傷といった救急疾患も増えています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 24 9.71 10.83 0 66.38
040200xx01x00x 気胸 18 8.56 10.08 0 40.56
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 16 18.38 20.51 12.5 84.06
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 11 3.64 3.39 0 68.73
0400800497x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 10 26.1 33.53 10 86.1

呼吸器外科という科は主に肺、縦隔、胸膜、胸壁の外科的疾患を扱う診療科です。疾患では肺がん、自然気胸、縦隔腫瘍、胸膜・胸壁疾患などになります。
現在、呼吸器内科は非常勤医師による週に1回のみの診察のため、共同で呼吸器科として、気管支喘息、COPD(慢性肺気腫)、間質性肺炎、サルコイドージス、結核、非結核性抗酸菌症、肺がん化学療法、重症肺炎などの診断・治療をあわせて行なっています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 18 3.61 3.07 0 70.17
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 11 2 2.04 0 56.64
030400xx99xxxx 前庭機能障害 11 4.64 4.94 0 63.64
050140xx99x00x 高血圧性疾患 11 12.73 8.78 0 74.91
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 10 58 37.36 30 79.6

心臓血管外科は、令和元年5月より開設致しました。心臓血管外科疾患全般の診断と治療を行っています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 34 2 2.76 0 74.59

眼科では、領域全般の診断と治療、外来小手術、眼鏡処方、レーザー治療などを幅広く行っています。
当院は蛍光眼底造影検査機器、光干渉断層計(OCT)機器、角膜形状解析(前眼部OCT)機器をはじめ、あらゆる機器においてほぼ最新の設備も備えています。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 28 2 2.04 0 50.64
030400xx99xxxx 前庭機能障害 19 5.63 4.94 0 67.11
030240xx99xxxx 扁桃周辺膿腫、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 - - - - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 - - - - -
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - - - -

2019年(令和元年)11月に「宇都宮記念病院耳鼻咽喉科・小児科」を開設し、耳鼻咽喉科の診療を開始いたしました。めまい、難聴、扁桃炎等の耳鼻咽喉科全般の診断と治療を行っています。睡眠時無呼吸症候群の治療にも力を入れており、いびきでお悩みの方はもちろん、以前、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)をしていたが鼻閉などで中断してしまった方も、できるだけ使用継続できるよう、各科で連携を取り、きめ細やかにフォローしております。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 93 2.05 2.54 0 68.52
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 29 6.76 13.00 3.45 73.66
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 28 4.57 7.13 0 69.39
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 24 11.42 11.89 0 68.08
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 10 9.8 11.03 0 56.2

併設されている健診センターでの健康診断・人間ドックでの尿潜血や腎機能障害、PSA(前立腺特異抗原:前立腺がん腫瘍マーカー)高値の二次健診の役割も果たしており、早期診断を心がけております。特に、前立腺癌、膀胱癌をはじめとした尿路性器癌に対しては積極的に手術療法に取り組んでいます。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 130 2 2.04 0 51.55
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 20 24.55 20.51 30 83.3
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 17 2 3.39 0 61.24
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 11 12.45 13.93 0 85.27
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 - - - - -

呼吸器内科は、肺癌、間質性肺炎(IP)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、好酸球性肺炎、気管支喘息、肺炎等の呼吸器感染症、その他あらゆる呼吸器疾患を対象とし、成人の呼吸器疾患全般の診断と治療を専門的に行っています。また、高血圧、糖尿病などの生活習慣病と密接な関連がある睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関しても、検査、CPAP導入及び管理も行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 40 3.28 4.44 0 69.85
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 31 4.39 4.95 0 60.65
050130xx9900xx 心不全 23 18.57 17.23 13.04 85.7
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 22 2.91 3.07 0 66.5
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 21 3.19 3.26 0 68.43

循環器内科は、主に狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、閉塞性動脈硬化症といった疾患の検査・治療を行っています。

歯科・口腔外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx0101xx 頭頸部悪性腫瘍 - - - - -
03001xxx97x0xx 頭頸部悪性腫瘍 - - - - -
060570xx97xxxx その他の消化管の障害 - - - - -

歯科口腔外科は、親知らずや顎の中に埋伏している歯の抜歯、歯の破折・脱臼や顎骨骨折などの顎顔面外傷、重症歯性感染症(むし歯や歯周病が原因となり口腔内だけでなく顔面や頸部が腫れたり、口が開きにくくなり入院を必要とするような重篤な炎症)、放射線や薬剤などが原因となって発症する骨髄炎、歯肉・舌・頬粘膜などにできる良性あるいは悪性腫瘍、上下顎骨内に発生るる腫瘍や嚢胞、口が開かない、あごが痛いなどの顎関節疾患、その他にも、口が渇いたり、舌が痛いなど顎・顔面・口腔領域に発生するあらゆる病気の治療をおこなっています。その他にも入院患者様のむし歯、歯周病(歯槽膿漏)、入れ歯などの一般歯科治療も行ななっています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性不全 - - - - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性不全 - - - - -
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性不全 - - - - -
110280xx02x01x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性不全 - - - - -
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性不全 - - - - -

健診の尿異常(蛋白尿、尿潜血)で発見される腎炎、最近増加している糖尿病を原因とする腎症、高血圧や加齢による腎硬化症など、腎臓病全般の診断と治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

腎臓外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 22 5 8.15 0 69.59
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 - - - - -
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 - - - - -
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 - - - - -
1110280xx01x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 - - - - -

腎臓外科は、腎不全に関わる外科治療が対象です。主には、シャント治療(手術・PTA)、腎移植や2次性副甲状腺機能亢進症などの手術と管理です。腎移植はその後の長期管理まですべてをフォローします。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 37 29.7 13.00 5.41 85.68
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 35 13.37 14.60 0 62.43
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 23 9.96 11.26 0 61.52
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 20 22.9 20.51 15 83.8
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 14 25.64 18.64 7.14 87

当院では、日本糖尿病学会専門医とともに看護師・栄養士・薬剤師・臨床検査技師などの多職種によるチーム医療を実践し、専門的な診療を行っています。

救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用に物質使用に精神及び行動の障害 19 1.53 3.74 0 34.95
030400xx99xxxx 前庭機能障害 13 2.46 4.94 0 61.46
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 12 1.92 8.18 0 54.58
160660xxxx0x0x 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 - - - - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) - - - - -

救急車による搬送傷病者数は年間3000~3500人程度で、年々増加傾向にあります。救急外来は、24時間365日無休でオープンし、夜間休日には救急車のみならず一般の急病や外傷患者様の治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 100 2.04 2.66 0 60.22
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 43 6.86 8.11 0 66.65
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 36 7.39 9.53 0 80.61
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 22 5.64 5.86 0 46.55
060102xx99xxxx 裂孔又は膿腫を伴わない憩室性疾患 19 5.89 7.74 0 66.89

消化器内科では、早期消化管癌の検査・治療、炎症性腸疾患の診断・治療、肝胆膵領域の悪性腫瘍の精査・診療を行っています。

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠経ヘルニア(15歳以上) 68 4.51 4.86 1.47 63.21
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 49 9.49 9.08 8.16 69.29
060150xx03xxxx 虫垂炎 39 5.56 5.44 2.56 44.23
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 37 1.97 2.66 0 62.46
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 33 5.36 6.41 0 50.52

消化器外科の診療範囲は、消化器系(消化管及び肝胆膵)を中心として婦人科を除いた腹腔内臓器全般の疾患を担当し、一般外科も診療範囲としています。そ鼠経ヘルニアや虫垂炎、悪性腫瘍に対しても手術、化学療法、緩和医療と幅広く診療を行っております。

総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 44 16.61 13.00 2.27 84.36
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 39 18.59 20.51 12.82 89.03
050130xx9900xx 心不全 14 19.29 17.23 28.57 89.79
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 11 16.64 18.64 18.18 89.27
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 10 7.8 5.86 0 82.2

総合診療科は、紹介状を持たずに来られた新患の患者様、どの診療科に掛かれば良いか分からない患者様、風邪など特定の診療科によらない患者様を対象とする診療科です。症状や状態から、精密検査や専門的治療が必要と判断された場合には、当院の適切な診療科に移して専門治療を行っています。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 21 6.38 6.02 0 55.24
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 15 9.93 10.30 0 58.2
090020xx97xxxx 乳房の悪性腫瘍 - - - - -
090010xx99x0xx 乳房の悪性腫瘍 - - - - -
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 - - - - -

乳腺外科では乳腺疾患全般(乳腺症、線維腺腫、乳腺炎、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、乳がんなど)を診察しております。なかでも乳がんの診療に重点をおいて取り組んでいます。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 2 7 10 4 14 1 8
大腸癌 27 11 28 42 8 26 1 8
乳癌 20 16 0 1 2 3 1 8
肺癌 19 5 11 28 2 4 1 8
肝癌 0 0 3 1 0 1 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんの患者さまの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さまを診察した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
初発患者の数について、当院では「胃がん」が最も多く、続いて「大腸がん」、「乳がん」、「肺がん」の順となっております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 9 8.56 49.44
中等症 59 18.58 82.75
重症 15 21.07 88.2
超重症 2 16.5 88
不明 0 0 0

定義:市中肺炎の定義として、DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投与した傷病名が肺炎(DPCコード6桁が040080に相当)で、さらにその中でもICD-10コードがJ13~J18(肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。

患者数は中等症が最も多く、平均年齢は中等症以上では80歳以上と高齢となっており、高齢になるほど重症になり入院期間も長くなることが分かります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 210 25.86 73.84 42.79
その他 12 21.92 76.5 2.7

脳梗塞の症例は、発症してから3日目以内の急性期脳梗塞の患者さまが全体の約95%を占めています。当院では、急性期脳卒中を始めとする脳疾患への対応を迅速に行えるよう、脳卒中ホットラインを設置し、24時間365日治療を行える環境を整えています。迅速に治療を開始することで早期離床に繋がり、早期リハビリテーションを開始しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 172 1.55 20.82 11.05 70.19
K0821 人工関節置換術(膝) 120 1.21 22.13 4.17 69.69
K0461 骨折観血的手術(大腿) 78 5.71 24.9 37.18 82.06
K0811 人工骨頭挿入術(股) 51 7.1 23.94 29.41 81.53
K0462 骨折観血的手術(前腕) 36 3.56 11.47 5.56 63.81

整形外科では、腰部脊柱管狭窄症などに対する手術である脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定術)が最も多く、次いで、人工関節置換術(膝)、人工骨頭挿入術(大腿)が行われています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 43 1.09 35.26 41.86 65.28
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 19 1.05 7.74 5.26 79.79
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 3.88 38.82 82.35 68.18
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 16 2.75 19.19 18.75 72.38
K178-4 経皮的脳血栓回収術 14 0.07 26.57 64.29 75.57

脳神経外科専用ope室を新設し、高性能顕微鏡、最新の手術機器を揃え、術中神経機能モニタリングのエキスパート、脳神経外科手術専任看護師が加わり、高難度の手術治療にも対応可能なチーム体制を整えました。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 3.53 3.89 0 39
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 13 1.85 7.23 0 62.85
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -

呼吸器外科は、気胸などに対しての手術である胸腔鏡下肺切除(肺嚢胞手術(楔状部分切除)が最も多く行われています。肺癌の手術は、ほぼ前例Hybrid VATSで試行しており、皮膚切開は5~7cmの小開胸で、傷は埋没縫合のため抜糸なく1週間程度の入院です。また肺癌が疑われる症例に関しては、検査と同時に迅速細胞診をおこなっており、肺癌診断率の向上に努めています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) - - - - -

※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 34 0 1 0 74.59

眼科は、白内障に対しての手術である水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他)を中心に手術を行っております。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2861 外耳道異物除去術(単純) - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -

※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 28 1.18 2.82 0 70.18
K843 前立腺悪性腫瘍手術 23 1 9.43 0 68.3
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 1.13 11.4 0 61.53
K821-3 尿道ステント前立腺部尿道拡張術 10 2 1.3 0 77.9
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -

泌尿器科では、膀胱癌に対しての手術である膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)が最も多く行われております。早期の表在性癌に対しては4~5日間の入院による内視鏡治療で対応可能でありますが、浸潤癌では開腹手術が必要になることもあります。
10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 36 1 1.36 0 68.67
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 23 1.04 2.39 0 61.52
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -

2021年4月現在、カテーテル検査、PCI、EVT、ペースメーカー手術の総計は、開始以来4000例を超えました。昨今、脳梗塞を引き起こす心房細動の罹患率が増加し、カテーテルアブレーションで治療する患者さんも増えてきており、当院では、不整脈専門医が担当しています。
10症例に満たない項目は「-(ハイフン)」で表示しています。(厚労省の集計条件に従う)

歯科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4043 抜歯手術(臼歯) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K6272 リンパ節群郭清術(頸部)(深在性) - - - - -

※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

腎臓外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 23 0.83 7.35 4.35 68.96
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 16 3.44 2.88 0 73.13
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -

腎不全患者数は糖尿病や高齢化を背景に増加の一途を辿っています。末期腎不全に至った場合の治療である腎代替療法には透析と腎移植があります。血液透析を安定して継続するためにはシャント(血液を出し入れする血管)を良好に維持していくことが必須です。2020年12月に当院第1例目の生体腎移植手術を実施しました。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 88 0.01 1.02 0 60.77
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 42 0.98 5 0 66.33
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 24 0.83 4.71 0 65.92
K654 内視鏡的消化管止血術 16 1.19 6 6.25 66.75
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 16 0 1 0 58.13

消化管癌の内視鏡治療と、炎症性腸疾患の診療行い、消化管癌は早期で発見・治療することの重要性が年々増しており、当院はEMR・ESDに代表される内視鏡治療に注力しております。

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 57 1.05 3.4 0 53.14
K6335 鼠径ヘルニア手術 47 0.66 2.85 2.13 66.7
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 36 0 0.97 0 61.25
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 29 0.62 3.97 0 43.79
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 20 0.35 2.9 0 54.05

消化器外科では、胆嚢炎や胆嚢結石に対する手術である腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、次いで鼠径ヘルニア手術が行われています。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 21 1 4.38 0 55.24
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - - - - -
K474-2 乳管腺葉区域切除術 - - - - -

診断、治療(手術、薬物療法)を行っております。乳がんの病期(ステージ)、性質(サブタイプ)、患者さんの状態に合わせた集学的かつ個別化医療を実践しております。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 28 0.58
180010 敗血症 同一 2 0.04
異なる 54 1.12
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 43 0.89
異なる 8 0.17

医療の質向上を図る為、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の症例数及び発生率を示しております。
当院では、できる限り合併症を防ぐよう努めております。
また、合併症や感染症が発生した場合、各診療科が連携を図り対応しております。

更新履歴

2021/9/16
令和2年度 病院指標を公開いたしました
2020/9/28
平成31年度 病院指標を公開いたしました
2019/9/24
平成30年度 病院指標を公開いたしました
2018/9/20
平成29年度 病院指標を公開いたしました