脳神経外科

脳神経外科科長
磯谷 栄二

研究業績

  • Obata Y, Takeda J, Sato Y, Ishikura H, Matsui T, Isotani E. A multicenter prospective cohort study of volume management after subarachnoid hemorrhage: circulatory characteristics of pulmonary edema after subarachnoid hemorrhage. J Neurosurg. 2015 Nov 27:1-10.
  • Horie N, Iwaasa M, Isotani E, Ishizaka S, Inoue T, Nagata I. Impact of Clipping versus Coiling on Postoperative Hemodynamics and Pulmonary Edema after Subarachnoid Hemorrhage. Biomed Res Int. 2014;2014:807064.
  • Horie N, Isotani E, Honda S, Oshige H, Nagata I; on behalf of SAH PiCCO Study Group. Impact of Aneurysm Location on Cardiopulmonary Dysfunction after Subarachnoid Hemorrhage. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2014 Jun 21. pii: S1052-3057(14)00220-1.
  • Yoneda H, Nakamura T, Shirao S, Tanaka N, Ishihara H, Suehiro E, Koizumi H, Isotani E, Suzuki M; for the SAH PiCCO Study Group.Multicenter Prospective Cohort Study on Volume Management After Subarachnoid Hemorrhage: Hemodynamic Changes According to Severity of Subarachnoid Hemorrhage and Cerebral Vasospasm. Stroke. 44(8):2155-61, 2013.
  • Eiji Isotani. Pathophysiology of acute respiratory distress syndrome. Crit Care Med. 40(7):2233-2234, 2012
  • Sato Y, Isotani E, Kubota Y, Otomo Y, Ohno Y. Circulatory vharacteristics of normovolemia and normotension therapy after subarachnoid hemorrhage, focusing on pulmonary edema. Acta Neurochir (Wien) 154(12):2195-202, 2012.
  • Mizuno Y, Isotani E, Huang J, Ding H, Stull JT, Kamm KE. Myosin light chain kinase activation and calcium sensitization in smooth muscle in vivo. Am J Physiol Cell Physiol. Aug;295(2):C358-64, 2008.
  • Mizuno Y, Isotani E, Ohno K, Nagai A, Imamura M, Azuma H. Involvement of accumulated NOS inhibitors and endothelin-1, enhanced arginase, and impaired DDAH activities in pulmonary dysfunction following subarachnoid hemorrhage in the rabbit. Vascul Pharmacol. 2008 Jan;48(1):21-31.
  • Kubota Y, Isotani E, Mizuno Y, Ohno K, Azuma H. Alterations of intracellular calcium concentration and nitric oxide generation in pulmonary artery endothelium after subarachnoid hemorrhage of the rabbit. Vascul Pharmacol. 2007 Aug-Sep;47(2-3):90-98.
  • Isotani E, Zhi G, Lau KS, Huang J, Mizuno Y, Persechini A, Geguchadze R, Kamm KE, Stull JT. Real-time evaluation of myosin light chain kinase activation in smooth muscle tissues from a transgenic calmodulin-biosensor mouse.Proc Natl Acad Sci U S A. 2004 Apr 20;101(16):6279-84.
  • Geguchadze R, Zhi G, Lau KS, Isotani E, Persechini A, Kamm KE, Stull JT. Quantitative measurements of Ca(2+)/calmodulin binding and activation of myosin light chain kinase in cells.FEBS Lett. 2004 Jan 16;557(1-3):121-4.
  • Lin J, Wu H, Tarr PT, Zhang CY, Wu Z, Boss O, Michael LF, Puigserver P, Isotani E, Olson EN, Lowell BB, Bassel-Duby R, Spiegelman BM. Transcriptional co-activator PGC-1 alpha drives the formation of slow-twitch muscle fibres.Nature. 2002 Aug 15;418(6899):797-801.
  • Wu H, Kanatous SB, Thurmond FA, Gallardo T, Isotani E, Bassel-Duby R, Williams RS. Regulation of mitochondrial biogenesis in skeletal muscle by CaMK. Science. 2002 Apr 12;296(5566):349-52.
  • Mizuno Y, Azuma H, Ito Y, Isotani E, Ohno K, Hirakawa K. Inhibitory effect of activated protein C on cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage in the rabbit. J Cardiovasc Pharmacol. 2002 May;39(5):729-38.
  • Grange RW, Isotani E, Lau KS, Kamm KE, Huang PL, Stull JT. Nitric oxide contributes to vascular smooth muscle relaxation in contracting fast-twitch muscles. Physiol Genomics. 2001 Feb 7;5(1):35-44.
  • Lau KS, Grange RW, Isotani E, Sarelius IH, Kamm KE, Huang PL, Stull JT. nNOS and eNOS modulate cGMP formation and vascular response in contracting fast-twitch skeletal muscle.Physiol Genomics. 2000 Jan 24;2(1):21-7.
  • Ito Y, Isotani E, Mizuno Y, Azuma H, Hirakawa K. Effective improvement of the cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage with low-dose nitroglycerin. J Cardiovasc Pharmacol. 2000 Jan;35(1):45-50.
  • Ohno K, Arai T, Isotani E, Nariai T, Hirakawa K. Ischaemic complication following obliteration of unruptured cerebral aneurysms with atherosclerotic or calcified neck. Acta Neurochir (Wien). 1999;141(7):699-705; discussion 705-6.
  • Ohno K, Isotani E, Hirakawa K. MELAS presenting as migraine complicated by stroke: case report.Neuroradiology. 1997 Nov;39(11):781-4.
  • Hamasaki H, Sato J, Masuda H, Tamaoki S, Isotani E, Obayashi S, Udagawa T, Azuma H. Effect of nicotine on the intimal hyperplasia after endothelial removal of the rabbit carotid artery.Gen Pharmacol. 1997 May;28(5):653-9.
  • Isotani E, Azuma H, Suzuki R, Hamasaki H, Sato J, Hirakawa K. Impaired endothelium-dependent relaxation in rabbit pulmonary artery after subarachnoid hemorrhage. J Cardiovasc Pharmacol. 1996 Nov;28(5):639-44.
  • Murata Y, Yamada I, Isotani E, Suzuki S. MRI in spontaneous cerebrospinal fluid rhinorrhoea.Neuroradiology. 1995 Aug;37(6):453-5.
  • Azuma H, Sato J, Hamasaki H, Sugimoto A, Isotani E, Obayashi S. Accumulation of endogenous inhibitors for nitric oxide synthesis and decreased content of L-arginine in regenerated endothelial cells. Br J Pharmacol. 1995 Jul;115(6):1001-4.
  • Azuma H, Hamasaki H, Sato J, Isotani E, Obayashi S, Matsubara O. Different localization of ETA and ETB receptors in the hyperplastic vascular wall.J Cardiovasc Pharmacol. 1995 May;25(5):802-9.
  • Isotani E, Suzuki R, Tomita K, Hokari M, Monma S, Marumo F, Hirakawa K. Alterations in plasma concentrations of natriuretic peptides and antidiuretic hormone after subarachnoid hemorrhage. Stroke. 1994 Nov;25(11):2198-203.
  • Suzuki R, Masaoka H, Hirata Y, Marumo F, Isotani E, Hirakawa K. The role of endothelin-1 in the origin of cerebral vasospasm in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage.J Neurosurg. 1992 Jul;77(1):96-100.
  • Tsuyumu M, Isotani E, Ikeda J, Nariai T, Tone O, Suzuki R, Matsushima Y. Perifocal abnormal signal intensity area in magnetic resonance imaging in meningiomas. Adv Neurol. 1990;52:559.
  • Tsuyumu M, Isotani E, Nariai T, Suzuki R, Matsushima Y, Hirakawa K. Perifocal abnormal signal intensity area in MRI in meningiomas. No Shinkei Geka. 1989 Apr;17(4):319-25.
  • 磯谷栄二、米田 浩、堀江信貴、渡邊顕弘、佐藤洋平。くも膜下出血後のGoal Directed Therapy。pp20~23。脳血管攣縮。Vol.30, 2014。
  • 小幡佳輝、磯谷栄二、大友康裕、大野喜久郎。くも膜下出血後の循環動態に関する多施設共同研究―肺水腫などの合併症を低下させるための工夫―。脳血管攣縮 27:85-90、2011
  • 磯谷栄二、世良俊樹、牛澤洋人、高橋宏之、大友康裕。敗血症性DIC発症時のATⅢ活性が転帰に及ぼす影響。バイオメディカル 第22巻:47‐53、2012
  • 関 聡志、相星淳一、小島光暁、植木 穣、本藤憲一、森下幸治、森 周介、村田希吉、白石 淳、登坂直規、庄古知久、加地正人、磯谷栄二、大友康裕。CPRにより肝損傷を来たし開腹手術を行なった1症例。日本救急医学会関東地方会誌 33:85‐86、2012
  • 馬場貴正、磯谷栄二、本藤憲一、吉川和秀、森 周介、植木 穣、村田希吉、登坂直規、庄古知久、相星淳一、加地正人、大友康裕。初回CTで経過観察とされ、2回目以降のCTで手術適応ありと判断された急性硬膜下血腫症例のCT上の特徴。日本救急医学会関東地方会誌 33:101‐103、2012
  • 吉川和秀、磯谷栄二、関谷宏祐、本藤憲一、森 周介、村田希吉、登坂直規、庄古知久、相星淳一、加地正人、大友康裕。胸部刺創術後管理にPiCCOモニタリングが有用であった1例。日本救急医学会関東地方会誌 33:113‐115、2012
  • 関谷宏祐、小島光暁、植木 穣、本藤憲一、吉川和秀、森 周介、庄古知久、村田希吉、磯谷栄二、加地正人、大友康裕。当院における骨盤骨折のIVR適応基準。日本救急医学会関東地方会誌 33:127‐128、2012
  • 近藤景介、世良俊樹、牛澤洋人、磯谷栄二、大友康裕。アンチトロンビン値からみた敗血症性DIC患者の予後についての検討。日本救急医学会関東地方会誌 33:140‐141、2012
  • 榎本瑠奈、磯谷栄二、小島光暁、関 聡志、植木 穣、村田希吉、白石 淳、加地正人、大友康裕。下垂体腫瘍に伴う仮面尿崩症と診断した1例。日本救急医学会関東地方会誌 33:228‐230、2012
  • 漆畑 直、相星淳一、森山典晃、本藤憲一、世良俊樹、登坂直規、加地正人、磯谷栄二、大友康裕。広範囲に及んだフルニエ症候群の1例。日本救急医学会関東地方会誌 33:150‐152、2012
  • 小幡佳輝、磯谷栄二、大友康裕、大野喜久郎。くも膜下出血後の循環動態に関する多施設共同研究―肺水腫などの合併症を低下させるための工夫―。脳血管攣縮 27:85-90、2011
  • 磯谷栄二、佐藤洋平、大野喜久郎、大友康裕。くも膜下出血後の循環動態の解析に関する多施設共同研究-preliminary report、脳血管攣縮26,23~28, 2011
  • 高橋宏之、磯谷栄二、牛澤洋人、若林正和、庄古知久、相星淳一、加地正人、大友康裕。組み換えヒト可溶型トロンボモジュリン(rTM)の敗血症性DIC患者への治療経験。ICUとCCU 35(7):581-584, 2011
  • 牛澤洋人、磯谷栄二、竹本 彩、新井洋平、若林正和、大友康裕、梅沢佳央、新井文子、山本浩平、北川昌伸。血球貪食症候群で発症し慢性活動性EBウイルス感染症と診断された1例。日本救急医学会関東地方会雑誌 32:66-67, 2011
  • 春田浩一、成田知大、稲葉雄一郎、植木 穣、登坂直規、加地正人、磯谷栄二、大友康裕。重症肺血栓塞栓症の一例。日本救急医学会関東地方会雑誌 32:120-121, 2011
  • 磯谷栄二、佐藤洋平、久保田叔宏、大野喜久郎、大友康裕。くも膜下出血後の循環動態とPiCCO plusによるモニタリング。Neurosurg Emerg 13(2):174-181, 2008.
  • 森下幸治(東京医科歯科大学 救急災害医学), 関裕, 村田希吉, 白石淳, 登坂直規, 庄古知久, 加地正人, 相星淳一, 磯谷栄二, 大友康裕。門脈ガス血症の5例。日本救急医学会関東地方会雑誌30巻 16-18, 2009.
  • 庄古知久, 大友康裕, 磯谷栄二, 相星淳一, 加地正人, 登坂直規, 白石淳。 In situ hybridization法にて確定したEBウイルス感染による特発性脾臓破裂の1例。日本救急医学会雑誌20巻6号 317-324, 2009.
  • 磯谷栄二, StullJames T., KammKristine E., 大野喜久郎。血管リモデリング,Rho kinase Rho kinaseによる平滑筋収縮制御。脳血管攣縮19巻 20-24, 2004.
  • 磯谷栄二, StullJames T, KammKristine E, LauKim S, GrangeRobert W, 大野喜久郎。若手研究者による最新海外情報 骨格筋収縮時の機能的血流増加の機序。血管25巻3号 115-121, 2002.
  • 水野祐介, 東洋, 伊東芳史, 磯谷栄二, 大野喜久郎, 平川公義。ウサギクモ膜下出血モデルにおけるactivated protein C(APC)による脳血管攣縮の改善。脳血管攣縮15巻 265-268, 2000.
  • 磯谷栄二, 伊東芳史, 水野祐介, 大野喜久郎, 平川公義, 東洋。ウサギくも膜下出血モデルに対する低用量ニトログリセリン・塩酸ファスジル併用療法。脳血管攣縮14巻 313-317, 1999.
  • 磯谷栄二, 伊東芳史, 東洋, 平川公義。くも膜下出血後の脳血管攣縮に対する低用量ニトログリセリン療法。脳血管攣縮13巻 239-242, 1998.
  • 鈴木竜太, 磯谷栄二, 平川公義。エンドセリンの臨床病態 脳血管攣縮。現代医療27巻4号 1103-1109, 1995.
  • その他多数
  1. Eiji Isotani. Chapter 8 Postoperative Management pp181-192 in Subarachnoid Hemorrhage Epidemiology, Management on Long-Term Health Effects edit by Linda R.Gray. Nova Biomedical.
  2. 磯谷栄二。第17章 呼吸管理に役立つ循環モニター。pp183-197, 呼吸療法 Up Date 槇田浩史 編。真興交易(株)医書出版部。2015刊。
  3. 磯谷栄二。1、頭が痛いです。Pp14-18,そのまま使える問診カンタンガイド。Emergency care 5, Vol.28, No.5, May 2015.
  4. 磯谷栄二。2、めまいがします。Pp20-24,そのまま使える問診カンタンガイド。Emergency care 5, Vol.28, No.5, May 2015.
  5. 磯谷栄二。Ⅱ. 脳神経障害 くも膜下出血の周術期管理 pp361-366, 重症病態を診る!モニタリングの魅力 川前金幸 編。救急・集中治療 vol27 No 5・6 2015総合医学社。
  6. 磯谷栄二。あなどれない輸液の基本と注意点pp10-15, 輸液管理の基礎知識。呼吸器・循環器達人ナース 2015 6・7月号。
  7. 磯谷栄二編。救急医療 達人に学ぶ Vol.3。真興交易出版。2015年10月15日発刊。
  8. 磯谷栄二。1章 症状別の診断と対策 26 頭痛 pp192-7, レジデントのための内科ハンドブック 2,015刊。
  9. IX治療薬 可溶性トロンボモジュリン(外科)pp918-23。救急・集中治療 徹底ガイド DICのすべて 丸藤 哲 編
  10. 磯谷栄二編。救急医療 達人に学ぶ Vol.2 Emergency Care別冊。メディカ出版。2013年10月28日発刊。
  11. 磯谷栄二。特集 神経集中治療、Pp551-9。循環管理:血行動態モニタリングとその評価。INTENSIVIST Vol.5 No.3 2013-7
  12. 磯谷栄二。プランナー。救急ナース必見!ビジュアルでわかる まるごと一冊 脳卒中。Vol.26 No.9 Sep 9 2013。
  13. 磯谷栄二編。救急医療 達人に学ぶ Vol.1 Emergency Care別冊。メディカ出版。2013年10月21日発刊。
  14. 磯谷栄二、第1章 外傷のIVR 1 頭頸部外傷 pp 2~3、「即断即決!できる救急IVR手技のコツとポイント」中島康雄、田島廣之、西巻 博、大友康裕 編 MEDICAL VIEW
  15. 磯谷栄二、第1章1頭痛 pp10~14、Emergency Care 2012年 夏期増刊「救急看護に必要な疾患の知識 これだけBOOK」大友康裕 編 メディカ出版
  16. 磯谷栄二。呼吸療法における不思議50。安本和正・小谷透 編 神経原性肺水腫はなぜ起こるのか?34-38, アトムス2011。
  17. 磯谷栄二。救急薬剤 プラクティカルガイド 救急医学 Vol.35 No.10 9。益子邦洋 編 6神経・筋・皮膚疾患 (4)脳出血・くも膜下出血1417-1422、 へるす出版2011。
  18. 磯谷栄二。Emergency Care:頭が痛いです。大阪 メディカ出版 23 (4 ) 2010, 18-23.
  19. 磯谷栄二。Emergency Care:めまいがします。大阪 メディカ出版 23 (4) 2010, 24-28.
  20. 磯谷栄二。可溶性トロンボモジュリン(外科)。DICのすべて 丸藤哲 編 救急・集中医療 Vol22 総合医学社No11・22:1627-31, 2010。
  21. 蘇生後脳症に対する低体温療法中のICPモニタリング。Codman News. Vol.101, Nov. 11, 2008.
  22. DIC フォーラムーDICの現状とリコモジュリンの位置づけー
出身大学
東京医科歯科大学医学部
経歴
1986年4月
東京医科歯科大学脳神経外科
1987年11月
取手協同病院脳神経外科
1990年4月
東京医科歯科大学脳神経外科
1991年7月
富士吉田市立病院脳神経外科
1993年7月
富士吉田市立病院脳神経外科 医長
1993年9月
東京医科歯科大学脳神経外科 助手
1998年10月
University of Texas Southwestern medical Center at Dallas, USA, fellow
2000年4月
University of Texas Southwestern medical Center at Dallas, USA, Visiting Professor
2002年4月
東京医科歯科大学脳神経外科 助手
2006年4月
東京医科歯科大学附属病院ERセンター 講師
2007年8月
東京医科歯科大学附属病院救命救急センター 副センター長
2012年2月
東京女子医科大学東医療センター 救命救急センター長 救急医療科 教授
2016年3月
現職
資格
1993年8月
日本脳神経外科学会専門医
1997年12月
医学博士
2012年1月
日本救急医学会専門医
  • JPTEC インストラクター
  • NDLS インストラクター
  • 日本DMAT隊員
所属学会
日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本救急医学会、日本集中治療学会、日本外傷学会、日本薬理学会、日本脳ドック学会等々
受賞
  • 1991年 International Meeting on Xe-CT 会長賞
  • 2003年 薬理学会 優秀論文賞
  • 2008年 日本救急医学会 準優秀iPos奨励賞
役職
  • 救急医学会関東地方会幹事
  • 日本脳神経外傷学会評議員
  • 日本脳神経外科救急学会評議員
  • 日本救命医療研究会幹事
  • 日本臓器移植ネットワーク東日本支部実務委員
  • バイオフォーラム世話人
  • 科学研究費委員会専門委員
  • 過大侵襲研究会運営委員

非常勤医師
石原 雅行

出身大学
北里大学医学部
専門分野
  • 脳神経外科
経歴
平成2年
北里大学医学部 卒業
平成2年
慶應義塾大学医学部 外科学教室 研修医
平成3年
済生会宇都宮病院 脳神経外科 医員
平成4年
大田原赤十字病院 脳神経外科 医員
平成5年
慶應義塾大学病院 脳神経外科 医員
平成9年
国立栃木病院 脳神経外科 医員
平成15年
国立栃木病院 脳神経外科 医長
平成16年
国立病院機構栃木病院 脳神経外科医長
平成20年
国立病院機構栃木病院 医療安全管理室長(併任:脳神経外科医長)
平成23年
国立病院機構栃木病院 病棟診療部長(併任:脳神経外科医長/医療安全管理室長)
平成25年
国立病院機構栃木医療センター 病棟診療部長(併任:脳神経外科医長/医療安全管理室長)
平成26年
慶應義塾大学医学部 客員講師(兼任)
平成26年
国立病院機構栃木医療センター 外来診療部長(併任:脳神経外科医長/医療安全管理室長/診療情報管理室長)
資格
  • 日本脳神経外科学会 指導医・認定専門医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本脳卒中学会 認定専門医
  • 日本神経内視鏡学会 技術認定医
  • 慶應義塾大学特選塾員授与
  • 臨床研修プログラム責任者
  • 臨床研修指導医
所属学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳卒中外科学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本神経内視鏡学会