リハビリテーション科

理学療法部門

主に体幹・下肢を中心とした運動療法(関節可動域訓練・筋力強化訓練・バランス訓練など)を行い、機能の向上・維持を図り、生活するうえでの必要な基本動作(寝返り・起き上がり・立ち上がりなど)の獲得、歩行や階段昇降といった日常生活・社会復帰に必要な動作獲得を目指す訓練を行います。

作業療法部門

主に体幹・上肢(手指)を中心とした運動療法(関節可動域訓練・筋力強化訓練・随意性、巧緻性促通訓練など)を行い、精神的・身体的機能の向上・維持を図り、生活するうえで上肢を主として使う生活動作(食事・更衣・整容・排泄など)の獲得や、家事動作など生活関連動作の獲得・指導、社会復帰を目指す訓練を行います。

言語聴覚部門

主にコミュニケーション能力(言語機能・発音・発声など)および摂食・嚥下などの口腔機能に問題がある患者様に対し、個々の障害の評価を行い、専門的なアプローチを行います。食事や対話能力の向上・改善は、生活の質を高めるため小児から高齢者まで幅広く必要であり、機能訓練や生活指導を通じて家庭・社会復帰を目指す訓練を行います。

物理療法部門

主に痛み(関節痛・神経痛・筋肉痛など)やしびれ、血行障害、全身倦怠感などの症状に対し、改善・軽減目的に医師からの指示に基づいて治療を行います。具体的には温熱療法・電気療法・水治療法・牽引療法・寒冷療法・ウォーターベッドマッサージなどがあり、個人の症状に合わせて行います。

『訓練室エリア』

『トレーニングマシン』

『物理療法エリア』