現在実施中の臨床研究

消化器内科 患者様の皆様へのお知らせとお願い

現在当院では下記の臨床研究(後ろ向き調査)を行っています。

ピロリ菌除菌の現状と検討

研究の概要

ヘリコバクター・ピロリ菌に持続的に感染した患者様は胃癌のリスクが高まります。このためピロリ菌を除菌することによりそのリスクを減らすことができる可能性がありますが、除菌が成功しない例も認めます。このため除菌の成否となる因子を調べていくことにより、今後のピロリ菌除菌治療を行うことに当たって有用であると考えます。

当院及び共同研究機関の篠崎内科クリニックにおいて、2014年1月から2017年11月30日までにピロリ菌の2次除菌を行い除菌判定まで確認できている患者様を対象とします。

対象の患者様の診療記録を参照し、年齢、性別、内視鏡で認める萎縮性胃炎の状態、使用した除菌薬の種類等を集積し検討していきます。

患者様にお願いしたいこと

本研究は過去の日常臨床で行われた検査結果の調査です。研究のためにこれから患者様の負担となるような行為はありませんし、この調査の対象となっていることによって、研究的な投薬や治療が行われることはありません。

研究結果の発表について

本研究の結果が、国内外の学会や医学誌で発表される場合がありますが、患者様の氏名、生年月日、住所などの個人を特定できる情報は一切公開されません。研究で発表時には統計的な処理を行った結果のみを発表します。また、研究の途中過程においても匿名化され、これらの情報が漏れることのないよう細心の注意を払っております。

研究の拒否について

上記条件に該当する患者様の中で、本研究への協力を拒否される場合は、いつでも参加を取りやめることができます。その際、下記に記しました消化器内科の平嶋まで御一報下さい。なお、拒否されることで患者様に不利益が生じることは一切ありません。

本研究の責任者
消化器内科 科長 平嶋 勇人
連絡先
宇都宮市大通り1-3-16 社会医療法人 宇都宮記念病院 消化器内科
電話番号
028-622-1991

循環器内科 患者の皆様へのお知らせとお願い

現在当院では下記の臨床研究(後ろ向き調査)を行っています。

当院における冠動脈石灰化スコアと冠血流予備量比の検討

研究の概要

狭心症や心筋梗塞の原因は、冠動脈の動脈硬化です。動脈硬化が進行すると、血管に石灰化を生じます。石灰化が高度な患者様ほど、冠動脈疾患の進行が予測されますが、日本では両者の関係はほとんど検討されていません。本研究では、2011年4月1日以降に当院で冠動脈CT検査を受け、その後心臓カテーテル検査を受けその際に冠血流予備量比を測定した患者様を対象とします。診療記録を参照し、冠動脈石灰化スコア、冠血流予備量比の値、採血データ、生理機能検査の結果等を集積します。

患者様にお願いしたいこと

基本的には過去の日常臨床で行われた検査結果の調査です。研究のためにこれから患者様の負担となるような行為はありませんし、この調査の対象となっていることによって、研究的な投薬や治療が行われることはありません。

研究結果の発表について

本研究の結果が、学会や医学誌で発表される場合がありますが、患者様の氏名、生年月日、住所などの、個人を特定できる情報、プライバシーにかかわる情報は一切公開されません。また、研究の途中過程においても匿名化され、これらの情報が漏れることのないよう細心の注意を払っております。

研究の拒否について

上記条件に該当する患者様の中で、本研究への協力を拒否される場合は、いつでも参加を取りやめることができます。その際、下記に記しました循環器内科の井岡まで御一報下さい。なお、拒否されることで患者様に不利益が生じることは一切ありません。

本研究の責任者
循環器内科 主任科長 井岡 達也
連絡先
宇都宮市大通り1-3-16 社会医療法人 宇都宮記念病院 循環器内科
電話番号
028-622-1991