呼吸器外科

診療体制

 
午前

池田

池田

呼吸器外科担当医

午後

池田

診療内容

呼吸器外科は2003年4月県内の民間病院としては初めて標榜しました。2019年3月までは呼吸器内科の常勤医師が不在であったため、呼吸器科として、呼吸器疾患全般の診断・治療もあわせて行なっておりましたが、2020年4月より呼吸器内科常勤医3人の参加により呼吸器病センターとして生まれ変わりました。
当外科は呼吸器・胸壁の外科として手術等担当しております。
一方、当院は健診センターを併設しており、胸部レントゲン(検診)・CT(ドック)の二次検(精密検査)患者様も多くご来院されます。受診された当日に高解像度320列MDCTによる検査と画像診断の説明を迅速に行なっています。特に早期肺癌の発見には力を入れており当院で発見された肺がんの60%は2㎝以下の早期肺癌で、5年生存率95%以上の成績です。対象疾患は肺がん以外に自然気胸や嚢胞性肺疾患、縦隔腫瘍、膿胸などです。
現在池田康紀(副院長兼主任科長)、関哲男(科長)で診療にあたっております。外来においては化学療法室にて肺がんに対する抗癌剤治療も行っております。
呼吸器関連の手術に関しては、ほぼ80%は胸腔鏡下手術にて行っています。特に自然気胸。嚢胞性肺疾患に関しては年間25~30例程度の胸腔鏡手術件数があり、軽症から難治性まであらゆる症例に対応しています。
肺がん手術(肺葉切除以上)は獨協医科大学呼吸器外科より医師を招請し、3人体制で安全に手術を行っております。入院期間はほぼ90%、術後1週間以内の退院を目指しております。
手術以外にも気管支内視鏡、針生検から胸腔鏡検査など呼吸器疾患全般にわたり専門的対応を行なっております。

対象疾患

呼吸器外科という科は主に肺、縦隔、胸膜、胸壁の外科的疾患を扱う診療科です。疾患では肺がん、自然気胸、縦隔腫瘍、胸膜・胸壁疾患などになります。
現在、呼吸器内科は非常勤医師による週に1回のみの診察のため、共同で呼吸器科として、気管支喘息、COPD(慢性肺気腫)、間質性肺炎、サルコイドージス、結核、非結核性抗酸菌症、肺がん化学療法、重症肺炎などの診断・治療をあわせて行なっております。