消化器内科

診療体制

 
午前

定免

小玉

担当医

午後

小栁

小玉

多田

廣田

定免

安藤

菅野

診療内容

消化器内科は消化管領域・胆膵領域・肝臓領域の疾患の診療を行う部門です。
消化管領域は消化管癌の内視鏡治療と、炎症性腸疾患の診療を得意としています。消化管癌は早期で発見・治療することの重要性が年々増しており、当院はEMR・ESDに代表される内視鏡治療に注力し、安全・確実な治療を提供します。炎症性腸疾患は昨今、患者数が増えている疾患群ですが、まだ根治療法がなく、長期に渡る通院治療が重要です。当院は宇都宮の中心に位置し、患者様の日常に寄り添う『通い続けたい外来』を信条にしています。
胆膵領域は自治医科大学から先生にお越しいただき、胆管炎・膵炎などの急性期疾患だけでなく、EUS・FNAによる早期癌の診断・検査も大学病院レベルで行うことが可能です。
肝臓領域は脂肪肝や慢性肝炎の外来診療だけでなく、肝生検による診断や、食道静脈瘤の治療も行っています。
どの領域も地域医療の中心となるよう急性期疾患から機能性障害まで幅広く診療しており、県内の基幹病院との連携も充実していますので、安心して受診して下さい。

対象疾患

  • 消化管腫瘍の内視鏡治療(食道・胃・大腸のESD、EMR)
  • 消化管腫瘍の精査、バリウム検査の二次検診(拡大内視鏡、EUS)
  • 大腸ポリープ切除(入院・外来どちらも対応可能)
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病(免疫調節薬、生物学的製剤、血球吸着療法の対応可能)
  • 膵腫瘍、膵のう胞、慢性膵炎(EUS、EUS-FNA)
  • 閉塞性黄疸、総胆管結石、胆道腫瘍
  • 肝硬変に伴う食道静脈瘤治療(EIS、EVL)
  • 肝腫瘍、肝生検
  • 吐血・下血に対する緊急内視鏡的止血術
  • 悪性狭窄に対する内視鏡的消化管ステント挿入術
  • S状結腸捻転解除術
  • 胃瘻造設・交換
  • 急性腹症の診察
  • など